家賃滞納の言い訳や理由

家賃滞納はしてはいけないことですが、生活が日常的に苦しいとか、予定外の臨時の出費などの理由によっては、自分の気持ちとは反対にどうしても家賃を滞納せざるを得ないこともありますよね。
そんな時の言い訳として効果的なのは、「給料日がいつなので、いついつまでに払います」と支払う意思をアピールすることです。
大家さんが一番心配しているのは、どんな言い訳や理由を聞かされようと、このまま家賃がずっと滞納され、ついには回収できなくなるということなので、具体的な期日を言えば、きっと待ってくれるはずです。
失業してしまった人だったら現在求職中だということを伝えましょう。
ハローワークの求職情報などを見せると、言い訳にさらに説得力が加わります。
親か親戚に借りられるよう依頼している、というのも信憑性がありますね。
しかし、いかなる理由があろうと家賃滞納を続ければ、最終的にはアパートなりマンションなりを退去させられることになりますよね。
そうならないためにも、普段からお金の使い方に計画性を持つようにしたいものですよ。
そしてどんなに苦しくても、借金する場合はよく考えてから行動に移しましょう。
気軽にお金を借りると、後で大変なことになってしまいます。

0001

家賃を滞納すると強制退去?防ぐ方法は?

賃貸マンションの家賃を滞納した場合、強制退去させられることがあります。
以前は家賃を滞納しても、借主に強い権利がありましたが、今はそうではありません。
ただ、口頭で出て行くように言われたり、文書などによる方法で強制退去を求められても、正式な方法ではないので出て行く必要はありません。
家主が借主に対して強制退去を求めるためには、家主が借主を訴える必要があります。
家主が借主を訴えるためには、まず家主は裁判所に出向き、借主に建物の明け渡しを求める訴えを起こさなければなりません。
訴えを起こすと、裁判所から借主に訴状が送付されます。
訴状には、「訴えの内容」と「裁判の日時・場所」が記載されており、訴状内容に対して事実と認めるか認めないかを答えます。
訴状を無視して、答弁書を提出しない場合は、家主の主張を全面的に認めたことになりますので、注意が必要です。
答弁書を提出したあとは、指定の日時に裁判所へ出廷し、そこで家賃の滞納理由やこれからどのように支払っていくかについての方法などを述べることができます。
そして、裁判官が双方の言い分を聞き、証拠資料などを見ながら、最終的な判決を下しますが、話し合いによって和解することもあります。

0002

どれくらいの期間家賃を滞納したら退去させられる?

毎月の大きな出費のひとつに家賃があげられますが、この家賃はどれくらいの期間、滞納したら退去させられるのでしょうか。
家賃の目安は収入の3分の1ほどと言われていますが、収入が減ってしまうなどの原因で払えなくなってしまうことも多く見られます。
滞納を続けた場合には、最終的には住居から退去しなくてはなりません。
しかしいきなり退去を命じられるわけではなく、必ず事前になんらかの形で連絡が入ります。
その時点で手を打っておけば大きな問題になることはありません。
まず1ヶ月以上の滞納があった場合には、電話や手紙による支払いの催促があります。
この連絡を無視したり、支払いをしないでいると、次に契約時に連帯保証人となった人へ連絡が入ります。
この場合には連帯保証人が代わりに支払いをするよう請求がくることもあります。
そして家賃滞納の期間が2ヶ月を超えると、内容証明の郵便により支払いの請求がきます。
この内容証明は、支払いの請求を行ったという証拠を残すための郵便であるため、大家さんは裁判所へ申し立ての準備を行っている可能性もあります。
そして滞納期間が3ヶ月から半年を超えると、契約の解除通知が送られ、それでも話をつけなければ裁判所へ申し立てる可能性は高くなります。

0003

悩みを相談できる窓口は?

家賃滞納に関する相談といっても、賃借人の立場とオーナーの立場と両方あるようです。
今回は両方の立場での家賃滞納の相談ケースと、相談窓口について考えてみます。
賃借人の場合、賃借人が家賃を1回滞納しただけなのに、家主から部屋を出て行くように言われた、又失業してしまい当面家賃を払うのが苦しいといったケースが多いと言われます。
大抵の場合、家主と賃借人との間で処理せずに、法的観点からアドバイスをもらったほうがスムーズにいくケースが多いようです。
賃貸物件のオーナーの場合、こちらは、家賃を滞納している人がいるので、どう対応すればいいか?や、賃借人が行方不明になったので、どうすればいいか?などの相談ケースが多いですが、こちらも法的アドバイスを受けたほうが無難です。
どんな相談窓口があるのか?身近なところでは、地域の消費生活センターがあります。
消費生活センターでは、消費生活全般に関する苦情を受け付けてくれたり、アドバイスもいただけるようなので、一度窓口に行かれることをおすすめします。
又、法テラスという組織に加盟している弁護士事務所も利用できます。
話を聞いてもらうだけなら、無料というところも多いので、インターネットで検索して弁護士事務所に行かれる事もひとつの方法です。

0004

家賃滞納で困っている時の弁護士費用

家賃滞納で困っている人が弁護士に依頼する場合、費用の心配をする人が少なくありません。
一般的には、事件に着手する段階で弁護士に着手金を支払い、報酬は、建物の明け渡しが完了した時に支払うケースが多いです。
日本では、家賃滞納に困っているオーナーが多いです。
家賃滞納が何ヶ月も続いた場合、賃貸借契約を解除して、建物を返してもらうという決断をする人もいます。
契約を解除して建物の明け渡しを求めた場合、すぐに退去してくれる人もいますが、出て行かない人もいます。
そうなると、裁判を起こすことになります。
相手が契約違反をしているので、裁判も仕方ないのです。
裁判というと、長くかかるというイメージを持っている人がいますが、ほとんどの場合、それほど時間はかかりません。
相談から数か月で判決が出ることが多いのです。
判決が出たら、強制執行の申立をする必要があります。
強制執行を行うのは、裁判所の執行官です。
執行官は、相手に対して強制執行の告知をします。
それでも相手が出て行かない場合は、強制執行になります。
強制執行の費用は、負担しなくてはなりません。
賃借人に請求することはできますが、家賃を払えないために滞納していたので、現実には難しいのです。
弁護士の働きかけで、強制執行の前に退去すれば強制執行の費用はかかりません。

0005

関係性があるウェブサイトの紹介

家賃滞納をしているということは、もしかすると金銭関係で窮している状態かもしれません。
金銭面できつい状況になると、お金を借りるためにキャッシングを利用してしまうということも。
そうなると、一気に借金苦まで行ってしまう人もいるかもしれません。
そういう時には借金苦についての情報がたくさん掲載されているウェブサイトを訪問してみてください。
解決のきっかけが見つかるかもしれません。